北極でコンサート:セイウチがアコーディオンを聴きに集まる

9月初旬、北極遠征ヨットAlter Ego号の乗組員アレクサンドル・ボグダノフさんが、北極のセイウチたちのために「小さなコンサート」を開催した。ボグダノフさんはセイウチたちのためにソ連映画で使われた曲など様々な音楽をアコーディオンで演奏した。

「演奏会」が行われている間、近くに集まってきたセイウチたちはヨットの方向を注意深く見つめていた。セイウチたちはボグダノフさんを応援するかのように、定期的にうなり声のような音を出した。

ボグダノフさんが演奏を終了し、ヨットが動き始めると、子どもを連れた雌のセイウチが群れから離れた。セイウチは仲間と一緒にその場に残らず、人間を追いかけてきた。ヨットの乗組員たちは、これは喜び対する感謝のしるしだと考えた。

一方、セイウチはいつもこんなに穏やかなわけではない。最近、ロシア北方艦隊の遠征隊のボートが雌のセイウチに襲われた。セイウチに攻撃されたボートは、急いで岸に向かった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала