原油価格が下落 世界需要に懸念

© 写真 : Pixabay石油
石油 - Sputnik 日本
世界の原油価格は21日、世界経済と石油需要の見通しに対する懸念が続く中、下落している。

日本時間13時49分の時点で、北海ブレント原油先物12月限の価格は0.29%安の1バレル=59.25ドル。

WTI原油先物11月限の価格は0.13%安の1バレル=53.80ドル。

世界最大の石油消費国の一つ、中国で18日、第3四半期の国内総生産(GDP)が前年比6.0%増と、27年ぶりの低い伸び率だったと発表された。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ Bank)のアナリストらは「弱い経済指標を背景に原油市場は圧力を受け続けている」とコメントしている。ロイター通信が報じた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала