本物の英雄 先生が銃を持った生徒を抱擁で鎮める

米国のポートランド市で散弾銃を学校に持ち込んだ生徒をキアノン・ロイ先生が鎮めた。危険な場所から身を隠し警察を呼ぶ代わりに、ロイ先生は男子生徒を抱擁して彼の心を静めようとした。

ビデオ動画には、人々が銃を持った若者から逃れるなか、先生は男性にぴったりと寄り添い、抱擁する様子が撮影されている。ロイ先生が生徒を抱擁した瞬間、他の教師が銃を奪ったが、男子生徒はまるで自分がなにをしようとしていたのか忘れてしまったかのように、ロイ先生の抱擁に応えた。

抱擁はすばらくの間続いた。ロイ先生と男子生徒は警察が来るのを待ち、そして彼はもう抵抗することはなかった。

事件が起こったのは3月17日だが、現地当局が事件の様子が撮影された監視カメラの映像の公開を許可したのはつい最近のこと。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала