キエフ都心で手榴弾が爆発 男性2人死亡

© AFP 2022 / Vasily Maximovキエフ
キエフ - Sputnik 日本
キエフ都心のカフェ近くで手榴弾が爆発し、これにより2人の男性が死亡したほか、事故現場の近くを通行していた女性が負傷した。

爆発はプーシキン通り34番地にあるカフェ「プロローク(預言者)」近くで発生した。警察の調査によれば、爆発したのは手榴弾とみられている。この爆発により、2人の男性が死亡したほか、近くを通行していた女性が負傷して、病院で治療を受けている。

現在、警察は事故の詳しい状況を調べている。目撃者の証言によれば、爆発を起こした男性のうち、ひとりは軍関係の人物とみられている。男性らは手榴弾を手にしており、誤った操作で爆発した模様。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала