米国の「愚かな妄想」 北朝鮮が方針転換を求める

© Sputnik / Iliya Pitalev / フォトバンクに移行米国の「愚かな妄想」 北朝鮮が方針転換を求める
米国の「愚かな妄想」 北朝鮮が方針転換を求める - Sputnik 日本
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金英哲朝鮮労働党副委員長は27日、非核化をめぐる協議で年末までに方針を変えるよう米国に改めて求めた。朝鮮中央通信が同日、談話を発表した。

金英哲氏は朝米関係が「今まで維持されているのは、金正恩国務委員長とトランプ大統領の親交関係のおかげだ」と述べたものの、親交関係が「朝米関係の悪化を防止し、補償するための保証ではない」と主張した。

金英哲氏は、両首脳の個人的関係を押し立てて年末を無難に越してみようとする米国の考えを「愚かな妄想」とも批判した。さらに、金英哲氏は「私は永遠の敵も、永遠の友もいないという外交的名句が永遠の敵はいても、永遠の友はいないという格言に変わらないことを願う」と強調した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала