仰天のラッコ くつろぐチンパンジー、クマのかくれんぼ 「コメディ野生動物写真賞」受賞作品決定

© 写真 : Harry M. Walker / Comedy Wildlife Photography Awards 2019Снимок Oh My! американского фотографа Harry M. Walker, победивший в категории AFFINITY PHOTO PEOPLE'S CHOICE AWARD конкурса Comedy Wildlife Photography Awards 2019
Снимок Oh My! американского фотографа Harry M. Walker, победивший в категории AFFINITY PHOTO PEOPLE'S CHOICE AWARD конкурса Comedy Wildlife Photography Awards 2019 - Sputnik 日本
毎年行われている野生動物の写真の中から最も面白いものを選ぶ「コメディ野生動物写真賞」。今年もたくさんのユニークな写真が応募され、最終候補の中から受賞作品を選ぶのにコンクールの審査員もネットユーザーもかなり頭を悩ませた。

コメディ野生動物写真賞でネットユーザーが選ぶ「ピープル・チョイス・アワード」部門に入賞したのは、ハリー・ウォーカーさんの作品「なんてことだ!(Oh, My!)」。ハリー・ウォーカーさんが写真につけたコメントは「ラッコがこんな風に叫び声をあげている様子を見たことがありますか?」

© 写真 : Harry M. Walker / Comedy Wildlife Photography Awards 2019ハリー・ウォーカーさんの作品「なんてことだ!(Oh, My!)」
仰天のラッコ くつろぐチンパンジー、クマのかくれんぼ 「コメディ野生動物写真賞」受賞作品決定 - Sputnik 日本
ハリー・ウォーカーさんの作品「なんてことだ!(Oh, My!)」

グランプリに輝いたのはサラ・スキナーさんの作品「捕まえちゃえ…(Grab life by the...)」。サラさんは長い間ライオンの生活を観察しているボツワナでこの写真を撮った。

© 写真 : Sarah Skinner / Comedy Wildlife Photography Awards 2019サラ・スキナーさんの作品「捕まえちゃえ…(Grab life by the...)」
仰天のラッコ くつろぐチンパンジー、クマのかくれんぼ 「コメディ野生動物写真賞」受賞作品決定 - Sputnik 日本
サラ・スキナーさんの作品「捕まえちゃえ…(Grab life by the...)」

審査委員らは今年の応募作品について、開催史上最高のレベルに数えられるものと高く評している。

動物の面白写真は、インターネット上でよく拡散される。例えば2018年に大きな話題を呼んだ1枚は、セクシーな巨乳リスの写真だった。


記事はお気に召しましたか。動物たちの世界から届いたニュースが満載のスプートニクの特集にぜひお立ち寄りください!

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала