ロシア北部 自治体のビル爆破未遂 所持品から大型破壊力の爆弾

© Sputnik / Евгений Биятов / フォトバンクに移行FSB職員(アーカイブ写真)
FSB職員(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
ロシア連邦保安庁は北部ムルマンスクの自治体の建物の爆破を画策していた急進主義組織「右派セクター」の支持者を逮捕した。

ロシア保安庁の発表によれば、逮捕者の所持品からは破壊力の大きな手製の爆破装置が見つかっている。本件はテロ画策の刑事事件として捜査が開始された。

​「右派セクター」はウクライナの極右組織でロシア連邦では急進主義的組織としてその活動が禁止されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала