日本の人工衛星「つばめ」、ギネス世界記録に認定される 最も低い高度を飛行

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、地球観測衛星の軌道として最も低い高度を飛行した人工衛星「つばめ」が、ギネス世界記録に認定されたと発表した。

JAXAによると、ギネス認定の世界記録となった軌道高度は、167.4 キロ。人工衛星「つばめ」は、2017年12月に打ち上げられた。高度271.5 キロで軌道を保持した後、徐々に軌道高度を下げ、ギネス認定の世界記録となった167.4 キロを保持し、観測を行った。「つばめ」の運用は2019年10月に終了した。

JAXAの佐々木雅範プロジェクトマネージャは「我が国の科学技術水準の高さ、そして長年培ってきたイオンエンジン技術や衛星の追跡管制技術など人工衛星の開発および運用に関わる総合的な基盤技術があったからこそ、世界に例のない低い軌道を保持できる衛星が実現できたと思います。この成果を将来の科学技術や衛星利用に発展させ、社会課題の解決に一つでも多く貢献して行きたいと思います」とコメントした。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала