米国で武器携帯の権利を擁護する集会に2万2000人参加

© REUTERS / Jonathan Drake米国で武器携帯の権利を擁護する集会に2万2000人参加
米国で武器携帯の権利を擁護する集会に2万2000人参加 - Sputnik 日本
米バージニア州の州都リッチモンドで、武器を所持・携帯する権利を擁護する集会が開かれた。ニューヨーク・タイムズが報じた。

集会の主催者は、武器擁護団体「バージニア市民防衛連盟」。

集会は、現在バージニア州議会で過半数を占める民主党が、新たな銃規制を同州に導入する意向であることを受けて開かれた。

​警察によると、集会には約2万2000人が参加した。大勢の人が拳銃、ライフル銃、散弾銃などの武器を持って参加したが、集会は平和的に行われた。

ニューヨーク・タイムズによると、参加者の一部はトランプ米大統領への支持を表明した

トランプ大統領はツイッターで集会についてコメントし、武器を所有し携帯する権利を保障する米国憲法修正第2条を擁護する立場を表した。

関連ニュース

トランプ大統領、教会発砲事件を受け、武器携帯の重要性を強調 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала