ロシア大使館、「スパイマニア」と遺憾の意 ソフトバンク元社員逮捕について

在日ロシア大使館は25日、ソフトバンクの元社員が会社から機密情報を在日ロシア通商代表部の職員に不正に渡したという報道についてフェイスブックでコメントし、それが「欧米で流行している反ロシア的な思惑」に基づいている「スパイマニア」であると指摘し、「遺憾の意」を示した。

ロシア大使館はフェイスブックで「2国間協力や困難な問題の解決のために肯定的な雰囲気を醸成するとした両国の合意に反する」と強く批判し、「メガホン外交」には「効果がなく、有害である」と強調。

逮捕されたのは荒木豊元社員(48)。

先に発表されたソフトバンクのコメントによると、ロシア側に渡されたと主張されている文書の「内容は機密性が低く」、機密性の高い文書ではなかったと明らかにした。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала