ANAとJAL、3月末まで北京便の運休・減便

© AFP 2022 / Yoshikazu TsunoСамолет Boeing 787−9 авиакомпании All Nippon Airways во время полета
Самолет Boeing 787−9 авиакомпании All Nippon Airways во время полета  - Sputnik 日本
ANA(全日本空輸株式会社)は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で今月10日から3月29日まで成田-北京線を運休すると発表した。同社公式サイトの発表をもとにAbema TIMESが伝えている。

ANAは今月10日から3月29日まで成田と北京を結ぶ路線を運休する。また、羽田⁻北京線を週14往復から7往復に減便する。

一方、JAL(日本航空株式会社)は今月17日から3月28日まで、成田⁻北京線などを運休、羽田⁻北京線などは使用する機材の小型化や減便を行う。これにより同社の中国線の運航便数は週98便から43便に減少する。

中国の新型コロナウイルス

当局は12月末、武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
ANAとJAL、3月末まで北京便の運休・減便 - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。専門家らは、暫定的に新型コロナウイルス2019-nCoVが疾患の原因と判断した。

WHO(世界保健機関)が新型肺炎に感染するリスクを軽減する方法を公開しています。


スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала