米誌 ロシアの重火力投射システム「ソンツェペク」の危険性を説明

© Sputnik / Mikhail Voskresensky / フォトバンクに移行重火力投射システムのTOS-1A「ソンツェペク」
重火力投射システムのTOS-1A「ソンツェペク」 - Sputnik 日本
米ナショナル・インタレスト誌の専門家マイケル・ペック氏はロシアの重火力投射システム「ソンツェペク」を取り上げ、なぜこれが米国にとって重大な脅威となっているのかを説明した。ペック氏は、このシステムの一撃でロシア軍は敵の防衛を「完全破壊」し、大規模な突入作戦を開始できる。

報道によると、2001年、重火力投射システムのTOS-1A「ソンツェペク」はТ-72戦車のシャーシ(戦車車体下部)の上部に装着された。

「アレクサンドル・ネフスキー」 - Sputnik 日本
ピザを注文するよりも速く 30分で世界を滅亡させる潜水艦5隻 米誌が列挙
現在、ロシア軍には重火力投射システムTOS-1「ブラチーノ」と新型のTOS-1A「ソンツェペク」が配備されている。

TOS-1A「ソンツェペク」は搭載弾薬数は24発で、射程距離は6キロ。自動車化狙撃兵および戦車部隊を火力支援し、敵の兵器を戦闘不能状態に陥らせる。このシステムには、改良された発射装備とロケット弾の自動誘導システムが装備されている。

ペック氏いわく、このような強力なシステムで武装した大隊は、強固な敵陣の突破を目的にしている。

ナショナル・インタレスト誌は「ソンツェペク」の任務を、「物心両面で破壊的な焼夷弾を使用し、都市、掩体壕、塹壕から敵軍を排除すること」と述べている。

© Sputnik / Ilya Pitalev / フォトバンクに移行ロシアの重火力投射システム「ソンツェペク」
米誌 ロシアの重火力投射システム「ソンツェペク」の危険性を説明 - Sputnik 日本
ロシアの重火力投射システム「ソンツェペク」

ペック氏によると、TOS-1A「ソンツェペク」に搭載の燃料気化爆弾は爆発後に敵の防御施設に壊滅的な影響を与える。こうすることでTOS-1A「ソンツェペク」は自動車化狙撃兵やT-14戦車「アルマータ」が進軍するために「道を切り開く」。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала