健康にいい野菜を作る方法 ロシア人研究者らが開発

CC0 / Pixabay / 野菜
野菜 - Sputnik 日本
野菜に含まれる健康に有用な物質、抗酸化物質を高める方法をロシアの研究チームが発表した。研究チームが開発したのは紫外線による照射方法。有用物質はこれで増やすことが可能になる。この研究結果は科学誌「Heliyon」に掲載された。

バルト連邦大学(ロシア西部カリーニングラード)の研究者らと、ケメロヴォ国立大学(同国中部)の研究者らはトマトへの紫外線照射の影響について共同研究を行い、これによってトマトの抗酸化物質の量が増加することを明らかにした。

ビール(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
医師が挙げる最も危険なお酒
研究チームの一人、バルト連邦大学、生命体系研究所のオリガ・バビッチ所長は抗酸化物質の有用性について、「健康を保ち、長生きするためには野菜や果物を含む食事をきちんと摂らなければなりません。抗酸化物質はガンや心血管疾患の発生リスクを低下させ、平均寿命を延ばすことがすでに示されています」と説明している。

バルト連邦大学の研究者らは、今回開発された方法は高度な機器を必要としないと指摘している。この方法を導入すれば、抗酸化物質が豊富に含まれる新鮮な野菜をロシア人により多く供給できる可能性がある。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала