クルーズ船ウエステルダム号 コロナウイルス検査後カンボジアで下船

© Sputnik / Vitaliy Ankov / フォトバンクに移行クルーズ船ウエステルダム号 コロナウイルス検査後カンボジアで下船
クルーズ船ウエステルダム号 コロナウイルス検査後カンボジアで下船 - Sputnik 日本
コロナウイルスへの懸念で各地で入港を拒否されていた香港発クルーズ船「ウエステルダム」号だが、シアヌークビル(カンボジア)港で下船が始まった。米国大使館が伝えている。

これより前、ウエステルダム号の乗客20人を対象にコロナウイルス検査を行い、全員の非感染を確認後、カンボジア政府が下船を許可したとの報道があった。

乗客下船の様子について在カンボジア米国大使館が写真を公開している。

桟橋ではカンボジアのフン・セン首相自ら乗客を迎えた。

同船運航会社は、数日中に船内に残る乗客全員をプノンペンに運ぶとしている。プノンペンを拠点に14日(金)からチャーター航空便で乗客をそれぞれの国へ輸送する。

 

関連ニュース

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала