中国外務省 他国による香港での混乱の組織化を非難

中国の発展に総体的な影響を及ぼすため、香港での混乱の支援を他国が試みていると、中国外務省の王毅大臣が表明した。

救急車 - Sputnik 日本
新型コロナウイルス 日本で初の死亡例 厚生労働省が発表
ロイター通信のインタビューに対し王毅大臣は、「いくつかの国は、香港での混乱が収束することを危惧しており、彼らは全力でその混乱を作り出そうと試みている。さらにそのことから、中国の発展に総体的な影響を与え、干渉さえしようとしている。このことのため、彼らは何度となく香港の法の支配に対し深刻な損失を生み出した街頭での暴力の呼びかけを一度もやめようとしていない。しかし、これは一時的な現象であり、長く続くことはない」と語った。この発言は中国外務省のホームページで公開された。

香港では、逃亡犯に関する法案審議に怒りを爆発させた大規模な抗議行動が、6月のはじめから続いている。大規模な抗議行動後に香港当局は譲歩を行い、10月はじめには法案は完全に撤回された。それにも関わらず、抗議行動は収束せず、彼らは少数派となったが、さらに激しさをました。半年の間に香港では900回以上のデモや抗議行動などが行なわた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала