米国、2028年までに極超音速ミサイルを潜水艦に装備する計画=マスコミ

米国は、2028年までにバージニア級攻撃型潜水艦に極超音速ミサイルを装備する。米海軍協会(USNI)のニュースポータルサイトによると、潜水艦への超音速ミサイルの装備を2021会計年度(2020年10月1日以後開始)の軍事予算に含めることが提案されている。

Международный военно-морской салон в Санкт-Петербурге - Sputnik 日本
ロシアの最新フリゲート「アドミラル・カサトノフ」のテスト動画公開
先に、通常の極超音速兵器がオハイオ級潜水艦に装備される計画だった。海軍の予算案では、支出が215億ドルとなり、現会計年度と比較して5%増加する。

「海軍は瞬時攻撃コンセプトの枠内で研究と開発に10億ドルを拠出する計画」だという。

この計画は、2028年会計度までにバージニア級潜水艦にミサイルを装備することを規定している。米国防総省は、これらの開発が競争優位性を維持するために必要だと考えている。瞬時攻撃コンセプトにより、高精度兵器を使って地球上のあらゆる目標を1時間以内に攻撃することができるという。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала