橋本聖子五輪相 東京五輪開催 「IOCの判断基準は5月末」

© Sputnik / エレオノラ・シュミロワオリンピック・パラリンピックフラッグ展示コーナー
オリンピック・パラリンピックフラッグ展示コーナー - Sputnik 日本
新型コロナウイルス感染が広がる中、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は衆議院予算委員会で、IOC(国際オリンピック委員会)が東京大会の開催可否を判断する期限について問われ、「5月末が大きな基準になっているのではないかと思う」と述べた。NHKニュースが伝えている。

橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は「公式見解ではなかったが、IOC委員から『5月末が最終期限ではないか』という発言があり、5月末が大きな基準になっているのではないかと思う」と述べた。

新型コロナウイルス - Sputnik 日本
東京五輪 新型コロナウイルスの影響から無観客の可能性も=メディア
また大会を延期できるかどうかについて「開催都市契約では、IOCが中止する権利を有するのは『本大会が2020年中に開催されない場合』とのみ書いてあり、この解釈によっては2020年中であれば延期できると取れる」と述べた。

そして『組織員会とIOC、東京都が7月24日に開催する前提で全力を挙げており、国としてしっかりとサポートすることに尽くしていきたい」と述べた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала