Apple社代表 新型コロナウイルスからスタッフの在宅勤務を承認

Apple社のティム・クックCEOは、同社の各国オフィスのスタッフらに、新型コロナウイルスの拡大に関わって在宅勤務を承認した。クックCEOがスタッフに発信した通知を引用しブルームバーグが報じた。

アマゾン - Sputnik 日本
米国ハイテク株が下落 新型コロナウイルス感染拡大で
クックCEOは、スタッフらは、就労として可能な場合、オフィスに出勤する必要はなく、その期間は3月9日から13日までとし、また、このルールは感染の症例がもっとも多く確認された地域に適用すると強調した。その対象地域は、カリフォルニア州のサンタ・クララとエルクグローブの都市、また、シアトル、韓国、日本、イタリア、ドイツ、フランス、スイス、英国の支局。

6日、Apple社はカリフォルニアとシアトルのスタッフらに在宅勤務を承認していた。


中国の新型コロナウイルス

中国当局は12月末、武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、暫定的に新型コロナウイルス2019-nCoVが疾患の原因と判断した。

WHOが新型肺炎に感染するリスクを軽減する方法を公開している。


どうやって自分を守る?

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала