東京五輪 延期合意で各界が安堵 世界共通の目標は「来夏までに打ち勝つ」

© AP Photo / Jae C. Hong2020東京五
2020東京五 - Sputnik 日本
24日、日本の橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は五輪開催延期の合意成立に、「大体の時期が決定したということは本当にありがたい」と安堵の表情を見せた。同日、数時間前、安倍首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長との電話会談が実施され、橋本五輪相もこれに同席していた。NHKが報じた。

自身が選手として五輪出場の経験を持つ橋本大臣は、開催が不透明な状況で不安を感じていた各国のアスリートらに思いを寄せ、「相当の不安や困難に直面していたと思うが、まずは大体の時期が決定したということは本当にありがたい」と語っている。

安倍首相とIOC会長の電話会談には東京都の小池知事も同席していた。小池知事は「目標が明確になって、皆さんがまずはほっとしたと思う」と語り、来夏までにウイルス感染症に打ち勝つことが「世界共通の目標」となったとして会談の成果を評価した。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала