集団感染の米空母 3700人が下船へ

集団感染が発生した米空母「セオドア・ルーズベルト」艦内では全乗組員5000人のうち、3700人が下船することとなった。モドリー米海軍長官代行が4月1日の記者会見で明らかにした。

空母「セオドア・ルーズベルト」で新型コロナウイルスに感染した人の数は93人に達した。そのうち、7人は感染が確認されたものの、発熱などの症状は表れていない。

米国 コロナウイルス - Sputnik 日本
死者4000人を超えた米国 なぜこれほどまでに多いのか?

空母からはすでに1000人近くの乗組員が下船したが、さらに2700人の乗組員が数日内に下船することとなっている。モドリー米海軍長官代行によれば、同空母は下船後も残された乗組員で引き続き任務の継続に当たる。

先に「セオドア・ルーズベルト」の艦長は海軍司令部に対し、乗組員5千人のうち、4千人の下船について許可を仰いでいた。

世界保健機関(WHO)の最新情報によれば、世界では現時点で82万3626人が新型コロナウイルスに感染し、そのうち4万598人の死亡が確認されている。

関連記事

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала