Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

WHOが警告:規制緩和には時期尚早、再蔓延の恐れも

一部ヨーロッパ諸国ではコロナウイルス感染ペースは落ちてきているものの、アダノムWHO(世界保健機関)代表はジュネーブのバーチャル会議において、制限を緩めるには早すぎると発言した。同代表によると、場合によっては壊滅的な影響をもたらす可能性があるという。BBCが報じた。

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェソス代表は、欧州のコロナウイルス感染状況が落ち着きつつあることをうけ、感染拡大を遅らせる時期の重要性についてあらためて警告した。

ゲブレイェソス代表は「然るべき規制がない中では、下りは上りと同じくらい危険である」と強調。現在WHOは各国政府と連携し、制限緩和に向けて調整を進めているが、慎重に行われなければならないと語った。

現在、全世界で150万人以上がコロナウイルスに感染し、死者は10万人を超えた。

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
WHOが警告:規制緩和には時期尚早、再蔓延の恐れも - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала