15年前に夢で見た数列で大当たり オーストラリア

オーストラリアのレッドランドシティ(クイーンズランド州)在住の女性は、15年前に夢見た数列のおかげで宝くじに高額当選した。ドリュー・レポート・ニュースが伝えている。

その女性は、2005年にある数列が出てくる夢を見て、それ以来その数列を宝くじで使い続けていたという。女性は「夢の中で数が文字通り次から次へと現れたんです。それ以来、その数列で宝くじに挑戦してきたんです」と語った。

宝くじ - Sputnik 日本
12時間で2回も大当たり! その成功の秘訣とは? オーストラリア
女性は今までその数列で何度か少額の宝くじを当てていた。そして6日、女性はその数列でとうとう大当たりした。当選金額は70万豪ドル(約5220万円)。女性は「私は10年以上その数列で宝くじを購入し続けていたから、すぐに自分が当選したと分かったんです」と断言した。

その当選金の用途について聞かれると、女性は「家族を助けたいとずっと思っていましたが、今こそそれができるようになりました。予定より早めに退職しようと思っています」と答えている。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала