安倍首相、検査のため病院へ 健康不安説の中

© Sputnik / Alexandr Wilf / メディアバンクへ移行安倍首相
安倍首相 - Sputnik 日本
日本の安倍首相は17日、東京都新宿区にある慶応大病院に入った。秘書官は「夏季休暇の機会を利用して、休み明けの体調管理に万全を期すため、日帰り検診を受診している」と説明している。NHKが報じた。

共同通信は、「首相は新型コロナウイルスへの対応で連続勤務が続き、政府、与党内では首相の体調不安を懸念する声が出ており、このタイミングでの受診は臆測を呼びそうだ」と報じている。

日本のマスコミによると、安倍首相は6月に慶応大病院で人間ドックを受けており、病院関係者によると追加の検査だという。

8月4日発売の写真週刊誌「FLASH」は、安倍首相が7月6日に首相官邸内の執務室で吐血していたとする情報を掲載した。この日の首相動静には日中に5時間の「空白の時間」があったという。なお菅官房長官は4日の記者会見で、安倍首相の健康不安説を否定した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала