女子テニス 大坂なおみ選手、左太もも負傷で決勝棄権

© AP Photo / Mark Schiefelbein大坂なおみ選手
大坂なおみ選手 - Sputnik 日本
女子テニスの大坂なおみ選手(世界ランキング10位)がニューヨークで行われているウエスタン・アンド・サザン・オープンで決勝進出を果たすも、左太もも負傷により棄権を表明した。同大会の賞金総額は190万ドル(約1億9950万円)。

大会広報によると、大坂選手は太もも裏を負傷。決勝ではベラルーシのビクトリア・アザレンコ選手と対戦する予定だった。

大坂選手は、棄権を大変残念なことだと語り、前日の第2セットタイブレイクで左ハムストリングを負傷、一晩で回復しなかったと説明した。

大坂選手はこれより前、米ウィスコンシン州で黒人男性ジェイコブ・ブレイクさんが警官に背後から銃撃されたことを受け、抗議の印として準決勝を棄権すると発表。WTA(女子テニス協会)およびUSTA(全米テニス協会)との話合いの結果、棄権を撤回し最後まで出場することとなった。大会運営側は準決勝予定日を1日延期するなど対応した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала