旧軍区での爆発で1500人超のロシア市民が避難

© Sputnik / Alyona Zharikova / フォトバンクに移行旧軍区での爆発
旧軍区での爆発 - Sputnik 日本
リャザン州の旧軍区での弾薬爆発により1500人超の住民が避難を余儀なくされた。ロシア民間防衛問題・非常事態・自然災害復旧省が発表した。

7日昼、リャザン州の西部軍管区の弾薬保管庫で火災が発生した。

同区のプレスサービスによれば、保管庫の領内で草が燃え出し、その後、激しい風により炎が砲弾の保管エリアにまで燃え広がった。軍の消火部隊が消火にあたったが炎を鎮火することができず、その後、現地に向けロシア民間防衛問題・非常事態・自然災害復旧省の救援部隊も出発した。

​保管庫の火災により砲弾の爆破がはじまった。目撃者によれば爆発音が5~10分毎に聞こえたという。最新情報では2人が被害にあっている。

​その後、炎が近隣の村落にまで燃え広まり、火災の危険から近隣の14居住区の住民らが避難させられている。

当地では救助隊が救援活動を行っている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала