インド 感染症と放射能から身を守る「牛糞チップ」発売へ

© REUTERS / Abhishek N. ChinnappaКорова стоит в середине оживленной дороги в Бангалоре, Индия
Корова стоит в середине оживленной дороги в Бангалоре, Индия - Sputnik 日本
牛糞チップはインド・ラジコット市のシュリジー・ガウシャラ(Shrijee Gaushala)さんが発明。関係者はチップにより携帯電話の被ばくが抑えられ、病気から守られると主張している。

販売を予定しているRKA社によると、チップ生産の目的の一つに牛の保護と子孫の維持があるという。

トランプ大統領 - Sputnik 日本
トランプ大統領を崇拝していたインド人男性、心臓発作で死亡 トランプ氏のコロナ感染知り
これより前、インドでは乾燥「牛糞ケーキ」のオンライン販売が確立していることが報道された。注文の大半はニューデリー市郊外のビジネス都市グルガオンから寄せられるという。グルガオンに住む銀行員や芸術関係者、企業トップには農村に出向き、牛糞ケーキを入手することができない。牛糞ケーキはインドの儀式などに使用されるが、他の用途で購入されることもある。オンラインのある購入者は「素晴らしい味だ。牛乳に混ぜて味わって」というコメントを残した。

ヒンディー語で「ゴーバル」と呼ばれる牛糞ケーキは他の排泄物とは異なり、ヒンズー教では神聖なものとみなされる。宗教儀式には欠かせない。その他、牛糞は伝統的に農村地では燃料として用いられ、使用後は土地の肥料となる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала