米国防総省代表 ロシアと中国の抑止に関するイニシアチブを表明

© AFP 2022 / Getty Images/Pete MarovichГлава Пентагона Марк Эспер. Архивное фото
Глава Пентагона Марк Эспер. Архивное фото - Sputnik 日本
米国のマーク・エスパー国防長官は、ロシアと中国の抑止に対する2つのイニシアチブについて表明した。

ホワイトハウスでの発言でエスパー国防長官は、第1のイニチアチブは同盟関係の強化に関連し、第2は兵器貿易の近代化だと語った。

トランプ大統領 - Sputnik 日本
トランプ米大統領 新兵器をもとに「力の立場で平和構築」
同国防長官は、米国は各同盟国との関係で「発展の確立と継続」を行うと表明した。同国防長官によれば、米国には中国またはロシアよりはるかに多くの同盟国があるが、しかし、同盟国との活動は省庁レベルでは必要とされる形で継続されておらず、また、必要な目的も常に設定され、追及されているわけではないという。

エスパー国防長官は、米国は、第三国で「彼らが市場のシャアを獲得するのを許さない」ために、中国とロシアの防衛産業と競い合わなければならないと指摘。また、ロシアと中国の国営企業はしばしば米国よりもユーザーの要求に迅速に応えていると強調した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала