ディズニー・アニメ『白雪姫』のモデルとなった女優が101歳で死去

© AFP 2022 / Getty Images / Paul Hawthorneディズニー・アニメ『白雪姫』のモデルとなった女優が101歳で死去
ディズニー・アニメ『白雪姫』のモデルとなった女優が101歳で死去 - Sputnik 日本
米国人女優でディズニー・アニメ映画『白雪姫』(1937年)で主役の動きのモデルとなったマージ・チャンピオンさんが101歳で死去した。ハリウッドレポーターが報じた。

マージ・チャンピオンさんは俳優業の他にダンサーとしても有名で、夫のハウエルさんとのペアでブロードウェーのミュージカルやテレビ、映画に出演していた。

​マージさんの父親アーネスト・ベルチャーはウォールト・ディズニーと親交があったことから、『白雪姫』の動きを描くためにモデルとして娘のマージさんが選ばれた。マージさんは14歳から16歳までの間、月に1,2回、白雪姫役としてポーズをとってアニメ制作に参加していた。

マージさんは7人の小人のドーリーを描くためにダンスした他、『ピノキオ』(1940年)の青い妖精役も『ファンタジア』(1940年)のカバのギアツィントの動きのモデルにもなった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала