『ブラック・ミラー』のクリエイター 2020年を想定した疑似ドキュメンタリー映画の制作へ

ネットフリックスのシリーズ『ブラック・ミラー』のクリエイターが2020年を想定した疑似ドキュメンタリー映画のプラットフォームを撮影する。作品には英国俳優ヒュー・グラント氏が出演する。同氏が「Vulture」のインタビューに応じた。

グラント氏によれば、彼は新作では、2020年の出来事についてインタビューを受けている歴史家を演じる予定だという。同氏は、彼の役は「まったく不愉快な人物」だが、しかし、視聴者は彼のかつらを気に入ることは間違いないだろうと語った

ホラーの王のスティーブン・キング - Sputnik 日本
スティーヴン・キング原作のパンデミックドラマ 初回配信日決定
グラント氏は、新しいプロジェクトの他の詳細については明かさなかった。ネットフリックスはこうした映画について発表していないが、同作品のクリエイターであるチャーリー・ブルッカー氏は、春の段階ではなんらかのジストピアな作品の創作には取り組んでいないと強調していた。

『ブラック・ミラー』は5シーズンと、観客が自分自身でストーリー展開に影響を与えることができるインタラクティブな作品『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』で構成された。『ブラック・ミラー』のテーマは、ジストピアと情報テクノロジーが人間の生活に与える影響について。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала