シンガポール 世界に先駆け 人工鶏肉の販売許可

シンガポールでは世界に先駆け、人工生産された鶏肉に販売許可が下りた。12月2日、シンガポール食糧庁(SFA)が発表した。

同発表によると「様々なオファーを検討、その安全性を確認した結果、米企業Eat Justに対してシンガポール国内で人工鶏肉の販売を許可することに決定した」という。

資料写真 - Sputnik 日本
香川県と宮崎県の養鶏場 鳥インフルエンザ確認
同時に、タンリー・キム食糧庁長官によると、同庁は引き続き安全性を確認し、今後も専門家との協議を行うという。市場に直接入ってからも製品のトレーサビリティを続ける。

Eat Just側は、人工鶏肉について「微生物という観点で極めてクリーン」と自信をもつ。

さらに「分析の結果、高タンパクで各種アミノ酸や有益な脂肪、ミネラルが豊富ということが証明された」と続ける。シンガポールで最初に販売される人工肉製品はナゲットになると予想されている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала