飲酒がもっとも害となる3つの年齢期が指摘

ニューサウスウェールズ大学の研究者らが、飲酒がもっとも有害となる3つの年齢期を指摘した。研究について医学誌『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル』で発表された。

研究の過程で学者らは、適度な飲酒でさえ脳へのダメージと将来的な悪影響を発生させるおそれがあると指摘した。

血 - Sputnik 日本
血中アルコールを格段に速く分解できるシンプルな装置 研究者らが開発
研究者らは、飲酒が第1に危険となるのは母親の子宮内の時期だと強調した。妊娠中の飲酒によって胎児の脳の収縮と認知機能障害が生じるおそれがある。

第2に危険な年齢期は15歳から19歳。研究者らは、未成年者の飲酒によって大脳新皮質の収縮や脳の白質の発達障害、さまざまな認知機能の軽度または中程度の低下が発生するおそれがあると警告する。

第3の時期は老齢期。高齢者の飲酒は痴ほうのリスクとなり危険だと言える。

研究者らは、適度な飲酒でさえこうした危険を生じさせると強調した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала