敵基地攻撃能力、期限設けず検討 「抑止力強化」18日に閣議決定

政府は、日本を標的とした弾道ミサイルを相手国領域内で阻止する「敵基地攻撃能力」保有について、期限を設けずに検討を続ける方針を固めた。18日に閣議決定する地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」代替策を含めたミサイル防衛に関する文書には「抑止力の強化」との表現で引き続き議論する方針を盛り込む方向。政府関係者が10日、明らかにした。

敵基地攻撃能力の保有を巡っては、今年6月のイージス・アショア計画停止を受け、政府、自民党内で検討していた。ただ次期衆院選への影響を懸念する公明党が慎重姿勢を崩さないため、年内に結論を得るのは困難と判断した。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала