英国系イラン人研究者に懲役9年の判決

イランで社会改革を起こそうと計画し、不当に資金を得たとして逮捕された英国系イラン人の研究者、カミル・アフマディ被告に懲役9年、罰金60万ユーロの判決が下された。13日、イランのタスニム通信が報じた。

報道によれば、被告はイランの女性や子供の地位、結婚などに関する社会調査を行い、社会文化改革を企て、「初婚年齢引き上げ」に関するプロジェクトの準備に影響を与えたとされている。

12月12日に処刑されたルホラー・ザム氏 - Sputnik 日本
イランで反体制派のジャーナリストが処刑 EUが批判の声明発出

被告はこれを目的に、元女性議員や欧州各国の大使館などとも協力していたという。タスニム通信によれば、アフマディ被告は、その協力の下で破壊工作を行い、プロジェクト実現の見返りとして、不法な資金を得ていたとして逮捕された。また被告は、虚偽の報告とイランに不利な情報を国連人権高等弁務官に送ったとされる。

ロイター通信によれば、アフマディ被告は2019年8月に逮捕され、数ヶ月後に保釈金を納付し、釈放されていた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала