EU規制当局 21日にファイザー社とバイオエヌテック社のワクチン使用を検討

© REUTERS / Dado Ruvic / Illustrationファイザー社とバイオエヌテック社のワクチン
ファイザー社とバイオエヌテック社のワクチン - Sputnik 日本
欧州医薬品庁は21日に欧州連合(EU)でのファイザー社とバイオエヌテック社が開発した新型コロナウイルス用ワクチン使用の許可条件の付与に関する問題を検討するため会議を開催する。この件について同庁が発表を行った。

同庁は、21日に製薬が認可されなかった場合、委員会の会議が再度開催されるのは、すでに予定されている通り29日となると述べた。

この間、欧州医薬品庁のエグゼクティブディレクター、エマー・クック氏は、規制当局はファイザー社とバイオエヌテック社、さらにモデルナ社のメーカーが提出した新型コロナ用ワクチンの販売許可の申請について審査を行うと発表し、今後数週間でEU領内で初のワクチンが取り扱われることに期待すると表明した。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала