ロシア南部でも雪 移動は犬とスノボで快適に?

今冬、日本をはじめ世界中で大雪のニュースが飛び交っている。この寒さや雪を思い起こさせる国と言えばロシアだが、そんなロシアでもあまり雪の降らない地域が存在する。ここ南部、クラスノダール市では今年は雪が降り積もり、交通機関に乱れが生じている。

しかし、どんなに雪が降ろうとも仕事が休みになることはない。そこでクラスノダール市民が思い付いた通勤方法はずばり、簡易犬ぞりだ。

犬2匹を連れ、スノーボードに乗りながら歩道を滑走する。これはおそらく、雪に慣れない市民の一番早い移動手段かもしれない。

同国南部に位置するクラスノダール市では、雪は降ることはあっても積もることは稀。しかし去年末から降雪が続き、一晩で約20センチメートルの積雪を観測する日も。道路は渋滞し、飛行機は遅延するなど交通機関に影響が生じた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала