Windows 10が故障 原因はあるリンクの機能

あらゆるコンピューターでWindowsを破壊するおそれのあるコマンドが明らかとなった。この件についてサイト「Bleeping Computer」でセキュリティーの専門家ジョーナス・リケガード氏が解説した。

同氏は、システムのあるコマンドが実行の際にOSの特定のコンポーネントに照会することを発見した。

Microsoft Windows 10 - Sputnik 日本
Windows 10にバグ発見 PCのファイルシステムがエラーに
このコマンドの機能により、Windows 10のファイルシステムを経由せずに特定のリンクが処理される。コマンドの実行時にオペレーションシステムが存在しない設備に接続しようとし、その結果システムのバグが発生する。

専門家によれば、このケースでは、「死のブルースクリーン(BSoD)」が現れ、その後、コンピューターがリロードを開始するという。一定のケースでシステムが故障し、それによってシステムの再構築が必要となる。

同サイトがMicrosoftにコメントを求めたところ、同社は不具合の存在を認めた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала