ボーイング機パイロット 景色を眺めるためアムステルダム上空で危険な超低空飛行を要望

© Sputnik / Alexey Kudenko / メディアバンクへ移行アムステルダム
アムステルダム - Sputnik 日本
メキシコの航空会社「Aeroméxico」のパイロットが通信指令係に対し、空からの美しい景色を眺めるために都市上空で超低空飛行を行う許可を求めた。サイト「Luchtvaart Nieuws」が報じた。

事故が発生したのは17日。この日、ボーイング787機はアムステルダムからメキシコに向かう予定だった。

飛行機 - Sputnik 日本
新年のお祝いで、あやうく航空機事故に【動画】
旅客機の乗務員は出発後に通信指令係にルートを変更し、夜のオランダの首都上空で超低空飛行を行い、その夜景を眺めることを許可するよう要請した。

機長は、「アムステルダムの上空1200メートルを飛行するというチャンスがありますか」と問いかけた。

それに対し、通信指令係はそうした行為は認められないと強調し、はっきりと拒否をした。同係は、「あなたはアムステルダム中を起こすことになりますよ」と述べ、搭乗員らにコロナウイルスのパンデミックが収まった後に自分で来訪し街を探索するようアドバイスした。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала