外国企業がイスラエルへの航空便運航の中止を継続

© AFP 2022 / Jack Guez空港
空港 - Sputnik 日本, 1920, 16.05.2021
イスラエルとパレスチナの関係悪化から、各国の航空会社はイスラエルへの航空便の運航中止を継続している。Globes紙の現地支局が報じた。

この間、アラブ首長国連邦の2つの航空会社「フライドバイ」と「エティハド航空」のフライトが残っていたが、今後、それらの運行もキャンセルされる。そのためフライト運行はイスラエルの航空会社だけとなる。しかし、フライトドバイ社によれば、運行はフライト数を4本から2本に減らすだけだという。

外国の多くの運輸事業者はイスラエルへの飛行運行を継続している。ロシアのリアノーボスチ通信に対し、同国の航空業界に詳しい情報筋は、「ブルーバード航空やグルジア、トルコ、ブルガリアの航空会社を含むいくつかの外国の航空会社のフライトが明日予定されている」と語った。

10日の夜、イスラエルとガザ地区の境界線の状況が急激に悪化した。現地では、イスラエルの集落地に向けてほぼ継続的にロケット弾が発射されている。またイスラエルはガザ地区を攻撃し、ハマスとイスラム聖戦の軍事目標を破壊し、現場にいた高位の指揮官を含む複数の過激派を殺害した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала