Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ファイザーとアストラゼネカのワクチン、2度の接種でインド型変異株にも高い有効性=英研究

© REUTERS / Dado RuvicVials labelled "COVID-19 Coronavirus Vaccine" and a syringe are seen in front of the Pfizer logo in this illustration taken February 9, 2021
Vials labelled COVID-19 Coronavirus Vaccine and a syringe are seen in front of the Pfizer logo in this illustration taken February 9, 2021 - Sputnik 日本, 1920, 23.05.2021
米ファイザー社と英アストラゼネカ社が開発した新型コロナウイルスのワクチンを2度接種した場合、インド型変異株にも有効であることが確認された。英国公衆衛生庁(PHE)が実施した研究で明らかとなった。 

ファイザー社とアストラゼネカ社のワクチンを2度接種したところ、英国型変異株と同じくインド型変異株にも高い予防効果が確認された。

インド - Sputnik 日本, 1920, 20.05.2021
インドの2つの州、「黒いカビ」流行を発表 新型コロナで

ただし、1度目の接種時で英国型変異株の予防率は50%だった野に対し、インド型変異株の予防率は33%という低い水準だったという。

PHEが5月5日から16日にかけて実施した研究結果によると、インド型変異株に対するファイザーの有効性は88%だったのに対し、アストラゼネカの有効性は60%だった。一方、英国型の変異株に対してはそれぞれ93%と66%の有効性が確認された。

英国ではこれまで3400人以上がインド型変異株に感染した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала