稚内沖の日本の底引き船 ロシア警備当局が臨検

ロシア警備当局 - Sputnik 日本, 1920, 28.05.2021
北海道稚内市の沖合で28日、日本の底引き網漁船「第172栄宝丸」がロシアの警備当局の臨検を受けていることが分かった。NHKが報じている。

漁船 - Sputnik 日本, 1920, 27.05.2021
日本漁船とロシア船衝突 日本の海保が損傷状況を調査=NHK
この漁船は稚内機船漁協所属のもの。共同通信によると、日本の第1管区海上保安本部(小鱒)と漁協が状況の確認を急いでいる。

NHKによると、在札幌ロシア総領事館は、「稚内沖で日本の漁船がロシア当局の臨検を受けたことについては、きょう本国から連絡を受け把握している」と発表した。日本の外務省は、「事実関係を確認中」とコメントしている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала