日本の国交省 運転記録装置、2022年7月から新車への搭載義務化の方針=マスコミ

© AFP 2022 / Yoshikazu Tsuno日本、車(アーカイブ)
日本、車(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 29.06.2021
 日本の国土交通省は、交通事故が起きた時のアクセルやブレーキの操作状況などを記録する装置「イベント・データ・レコーダー(EDR)」を2022年7月から新型車に搭載することを義務付ける方針を固めた。日本のマスコミが報じた。

NHKによると、日本では昨年1年間で交通事故により2839人が死亡した。日本の国土交通省は、交通事故の原因を詳しく調べるため、アクセルやブレーキの操作状況やシートベルトの着用、加速度などを記録するEDRを2022年7月以降の新車に搭載することを義務付ける方針を固めた。

共同通信によると、今秋にも道路運送車両法の保安基準を改正するという。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала