Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ワクチン接種済み10代の抗体数、成人よりも多い=ガマレヤ研究所所長

© Sputnik / Vladimir Pesnya / フォトバンクに移行ロシア国立ガマレヤ研究所のアレクサンドル・ギンツブルグ所長
ロシア国立ガマレヤ研究所のアレクサンドル・ギンツブルグ所長 - Sputnik 日本, 1920, 27.11.2021
ロシアの子ども用コロナワクチンは成人用「スプートニクV」の5分の1の濃度であるにも関わらず、接種を受けた10代の子どもたちは、大人よりも抗体数が多く作られているという。ロシア国立ガマレヤ研究所のアレクサンドル・ギンツブルグ所長が明らかにした。
ロシア保健省は24日、新型コロナウイルスワクチン「スプートニクM」を承認登録した。「スプートニクM」は年齢12歳から17歳までの10代を対象に感染症予防に使用される。
ギンツブルグ所長はまた、デルタ株の蔓延以来、コロナウイルス感染者全体のうち子どもの割合は10-20%になったと指摘する。
「デルタ株は相手が大人か子どもかを区別しない。同じ割合で全員を効果的に感染させる」と述べた。
関連ニュース
新型コロナ治療薬モルヌピラビル、入院リスク低減率はわずか30%
イスラエルの製薬が新型コロナによる死亡率を70%引き下げ-研究報告
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала