Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

新型コロナワクチン接種者が媒介者になる確率が明らかに

© Sputnik / Vitaliy Timkiv / フォトバンクに移行コロナ検査
コロナ検査 - Sputnik 日本, 1920, 28.11.2021
米国の研究チームは、新型コロナウイルスワクチンの接種者と未接種者が新型コロナウイルスの媒介者になる確率について調査を行った。結果、その確率はワクチン未接種者よりも低いものの、ワクチン接種者も媒介者となりうることが明らかとなった。研究結果が、プレプリントサーバーmedRxiv.orgに掲載された。
最も感染スピードが速い新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」が米国で猛威を振るった今年の晩夏、米国疾病予防管理センター(CDC)の研究チームは米国連邦刑務所局の支援を受け、米テキサス州にある刑務所の受刑者から数週間にわたって鼻咽頭ぬぐい液を採取した。当時、受刑者の74%が新型コロナウイルスに感染していた。
コロナ研究 - Sputnik 日本, 1920, 02.09.2021
新型コロナウイルス
ランセット誌:ワクチンによりコロナ感染も無症状となる割合が2倍に
研究チームは、2つの大きな雑居房で生活していた受刑者を観察対象として選んだ。
対象となった95人のうち、78人はワクチン接種を完了し、2人は1回目接種を終了、15人は未接種だった。新型コロナウイルスの検査では、ワクチン未接種者の93%が陽性、接種者の70%が陽性だった。
研究チームは、採取したウイルスのサンプルも調べた。ワクチン未接種と接種者の鼻咽頭におけるウイルスの生存期間に違いは見られず、両方グループともに13日だった。
唯一の例外は、過去に新型コロナウイルスに感染した人たちで、感染後にワクチン接種を受けたかどうかに関係なく、ウイルスの生存期間は10日未満だった。
研究チームは、ワクチン接種者と未接種者から新型コロナウイルスに感染する可能性に大きな違いはなく、ワクチン接種の状況に関係なく、接種者にも未接種者にも感染予防対策を講じる必要があるとの結論に達した。
関連ニュース
うつ病患者数 コロナのパンデミックで大幅に増加 ランセット誌
コロナワクチンの接種は非接種者も守ることになる=露「ベクター」センター
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала