Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

フィリピン、欧州7カ国からの入国禁止 オミクロン株の感染拡大で

© Flickr / Marlon Eフィリピン国旗
フィリピン国旗 - Sputnik 日本, 1920, 29.11.2021
フィリピンは、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大を受け、欧州7カ国を渡航に関する「レッド」リストに加えた。CNNフィリピンが、感染症に関する省庁間タスクフォースを引用して報じた。
世界保健機関(WHO)は26日、緊急会合を開き、南アフリカで発見された新型コロナウイルスの新たな変異株を「懸念される変異株」に指定することを決定した。WHOは、新たな変異株「B.1.1.529」をギリシャ文字の「オミクロン」と名付けた。
CNNフィリピンは「省庁間タスクフォースは、新型コロナウイルスの新たな変異株『オミクロン株』の脅威を背景に、さらに7カ国からの入国を禁止した。オーストリア、チェコ、ハンガリー、オランダ、スイス、ベルギー、イタリアが、2021年11月28日から2021年12月15日までレッドリストに分類される」と報じた。
これに先立ち、フィリピンは、南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエ、レソト、エスワティニ、モザンビークからの航空便の運航を一時的に停止した。
関連ニュース
オミクロン株に対する各国の反応は「不当」=南ア保健相
南ア保健省、オミクロン株の特徴とワクチンの有効性について語る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала