新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

アスピリンの服用が致命的に危険な人たちのグループが明らかに

CC BY-SA 2.5 / Ragesoss / Generic regular strength enteric coated 325mg aspirin tablets, distributed by Target Corporationアスピリンの服用が致命的に危険な人たちのグループが明らかに
アスピリンの服用が致命的に危険な人たちのグループが明らかに - Sputnik 日本, 1920, 29.11.2021
急性心不全の発症要因を1つでも持つ人は、アスピリンを服用することで急性心不全を発症する可能性が高くなる。欧州心臓病学会誌が伝えた。
当初は急性心不全の兆候がなかった西欧と米国の40歳以上の約3万1000人を対象に研究が行われた。
すべての被験者は、喫煙者、また肥満や高血圧、高コレステロール、糖尿病、さまざまな心血管疾患を抱える人など、所謂リスクグループに属していた。
結果、心不全を発症するリスクは、アスピリンを服用した人たちの間で26%高かったことがわかった。
より正確なデータを得るために、心血管疾患患者を除外した2万3000人の参加者(74%)のデータの分析が繰り返されたところ、アスピリンの服用は急性心不全を発症する可能性を27%増加させたことがわかったという。
関連ニュース
新型コロナ予防としてのアスピリン その役割を研究者らが明らかに
ガンの進行リスクを高める2種類のビタミン
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала