イラン核協議再開に向け、ロシア、中国、イランが意見交換

© Sputnik / Evgeny Biyatov / フォトバンクに移行イラン
イラン - Sputnik 日本, 1920, 29.11.2021
イラン核合意の「包括的共同行動計画」の再建に向けた協議の再開を前に、ロシア、中国、イランの交渉団の代表が非公式の協議を実施した。これに関し、ロシア交渉団の代表である在ウィーン国際機関代表部のミハイル・ウリヤノフ露常駐代表は28日、協議は実りあるものとなったと表明した。
ウリヤノフ氏はツイッターに投稿した中で、29日に包括的共同行動計画に関する協議が再開されるのを前に、ロシア、中国、イランの代表の3者による非公式協議が行われたことを明らかにした。
それによれば、話し合いは有益なものとなり、核合意に向けたイランの新たなアプローチについてより良い理解が得られたとのこと。
ミハイル・ウリヤノフ露常駐代表 - Sputnik 日本, 1920, 28.11.2021
ロシア、「オーカス」に原子力潜水艦プロジェクトの放棄を促す
29日から始まる協議は、イラン核合意の再建と米国の制裁解除に関する協議の開始から通算7回目となるもので、8月にイランでライシ政権が発足してからは初めてとなる。これまでの政権の下、ウィーンで行われてきた協議は6月20日以降、中断していた。
関連ニュース
ラブロフ外相、核協議再開をめぐりイラン外相と電話会談
米中はイラン、北朝鮮、気候変動で協力可能=米国務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала