Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ナミビアから日本に入国、コロナ陽性の男性 オミクロンかどうか解析中

© REUTERS / NIH / NIAIDВид на зараженную коронавирусом клетку под микроскопом
Вид на зараженную коронавирусом клетку под микроскопом - Sputnik 日本, 1920, 29.11.2021
ナミビアから日本の成田空港に到着した男性乗客が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したことについて、新たな変異株「オミクロン株」かどうかの解析を国立感染症研究所で進めていることがわかった。岸田首相が29日、記者団に語った。
共同通信によると、岸田首相はウイルス解析について「4日から5日かかると聞いている」と述べた。
これより前、水際対策強化の対象となっていたアフリカ南部ナミビアから入国した30代の男性が新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになった。新たな変異株「オミクロン株」かどうかは現時点ではわかっていない。
岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 29.11.2021
新型コロナウイルス
岸田首相、さらなる水際対策の強化を検討 オミクロン株
WHO(世界保健機関)はこれより前、緊急会議を開き、南アフリカで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株B.1.1.529を「懸念すべき変異株(VOC:variant of concern)」に分類しギリシャ文字の「о(オミクロン)」と名付けた。世界医師会のフランク・ウイリアム・モンゴメリー会長は、「オミクロン」が危険性のうえでエボラウイルスに匹敵し、「デルタ株」のような感染力をもつ可能性があるとの懸念を表明している。現時点で「オミクロン」はアフリカ南部だけでなく、香港、ベルギー、イタリア、ドイツ、スイス、フランス、カナダ、ドイツ、オーストラリア、英国で確認された。
関連ニュース
新変異株、危機管理で連携 首相と小池都知事が会談
日本 全世界から外国人の新規入国停止 明日から
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала