Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

日本、「オミクロン株」を初確認 ナミビアから入国の男性

© 写真 : Sai Li / Tsinghua University School of Life SciencesКрио-электронное томографическое изображение вирусов SARS-CoV-2
Крио-электронное томографическое изображение вирусов SARS-CoV-2 - Sputnik 日本, 1920, 30.11.2021
ナミビアから日本へ入国した30代の男性が、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染していることが明らかになった。日本でオミクロン株の感染者が確認されるのは初めて。30日、政府関係者の話をもとにNHKが伝えた。
男性は28日にナミビアから日本へ入国。成田空港で受けた検査で陽性反応が出たため、国立感染症研究所でゲノム(全遺伝情報)解析が進められていた
男性は日本に到着後、同行していた家族と国が指定する施設で待機しているという。

現在、厚生労働省が詳しい感染ルートや濃厚接触者の有無などを調査している。

新たな変異株「オミクロン株」

2021年11月末、南アフリカ共和国で新型コロナウイルスの新たな変異ウイルスB.1.1.529が発見され、変異の種類が32と著しく多いことが確認された。世界保健機関(WHO)はこれをオミクロンと命名し、感染リスクが「極めて高い」ことから「懸念される変異株」に分類している。
オミクロン株が既存のワクチンによる免疫を回避するかどうかは現時点では不明。ロシア国立ガマレヤ研究所、ファイザー、バイオエヌテックモデルナの各社はすでにオミクロンに対抗するワクチン開発に着手している。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала