Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

反ワクチン唱え続けたTV宣教師 コロナで死亡

© Sputnik / Pavel Bednyakov / メディアバンクへ移行病院
病院 - Sputnik 日本, 1920, 02.12.2021
病院 【アーカイブ写真】
カナダのデイスター・テレビジョン局の放送でワクチンに反対する発言を繰り返していたテレビ宣教師のマーカス・ラム氏が、コロナウイルスに感染して死亡した。CBSが報じた。
デイスター・テレビジョンは宗教番組専門のカナダのTV局。全世界に20億人の視聴者を持ち、キリスト教テレビ局としては世界第2位の規模を誇る。ラム氏は同局の創設者兼社長だった。
ラム氏は享年64歳。妻の話によると、ラム氏は番組に出演する専門家らの話に。「100%の信頼をおいており」、彼らが進める方法に従って治療を行っていた。
高齢者 - Sputnik 日本, 1920, 02.12.2021
新型コロナウイルス
「健康への対価」 ギリシャが60歳以上のワクチン拒否者に罰金導入
CBSの報道によると、デイスター・テレビジョンは、コロナウイルスのパンデミック中にワクチンに関する誤情報を流し続けていた。ラム氏は説教の中でウイルスを「サタンの攻撃」と呼び、人々に予防接種を拒否するよう説いており、番組のゲストも、医学とは関係のない陰謀論やコロナウイルスの治療法を吹聴していた。
関連ニュース
韓国 ワクチン未接種者は治療費が自己負担になる可能性がある
ワクチン反対派、証明書を発行してもらうため医師に賄賂を支払う 医師は本物のワクチンを接種 ギリシャ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала