新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

NASA  ISSの後継となるステーション開発計画に3社と合意

© Sputnik / Sergey Mamontov / フォトバンクに移行NASA
NASA - Sputnik 日本, 1920, 03.12.2021
米航空宇宙局(NASA)は、ナノラックス社、ブルー・オリジン社、ノースロップ・グラマン社の3社と新しい宇宙ステーションの開発計画について合意した。
NASAは、国際宇宙ステーション(ISS)から別のプラットフォームに移行することで、地球低軌道における米国のプレゼンスを継続的に維持することを目指している。この合意により、米国の民間企業による独立した商業宇宙ステーションの開発が促進され、そのステーションは政府と民間企業の両方が利用できるようになる」
ISS - Sputnik 日本, 1920, 30.11.2021
IT・科学
NASA ISSへの宇宙ゴミ接近から宇宙飛行士の船外活動を中止
宇宙ステーションの開発とその計画には4億1560万ドル(約470億円)の予算が割り当てられた。新しい宇宙ステーションの条件には、少なくとも2人の宇宙飛行士が6ヶ月間、定期的に滞在・居住し、科学実験を行うことなどが含まれている。

ISSの退役

現在のところISSの退役時期は2024年とされているが、2028年、あるいは2032年まで延長する可能性が検討されている。
NASAは、退役後のISSを「沈める」までの期間を3年と見積もっている。
NASAの計画によると、退役済みのISSは緯度と経度を正確に確認した上で大気圏に突入させる。これによって生じる破片は、地球上の無人の地域か、南太平洋に落下するようにさせるという。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала